埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所美馬克康
トップページ

埼玉県越谷市美馬克康司法書士・行政書士事務所です。

当事務所は、登記名義変更・預貯金などの相続手続きや、相続トラブル防止の遺言書作成、借金を相続しないための相続放棄を中心に、ご相談を承っております。

所在は、せんげん台駅西口より徒歩1分で駅から近く、お勤め帰りの時間でもご一報くだされば対応させていただきます。

相続、遺言、相続放棄など、お気軽にご相談ください。

越谷の美馬克康司法書士・行政書士事務所のご案内

美馬克康司法書士・行政書士事務所のご紹介

越谷の相続・遺言・相続放棄「美馬克康司法書士・行政書士事務所」の所在地図

美馬克康司法書士・行政書士事務所

埼玉県越谷市せんげん台駅西口徒歩1分(急行停車駅)初回相談無料 

土日祝日営業年中無休ご来訪 7時~21時(要ご予約) 

通常営業時間は、8:30~18:30です事務所は、せんげん台駅西口右の10階建てのマンション内5階です(共用駐車場有/要ご予約

美馬克康司法書士・行政書士事務所紹介はこちらをクリック

越谷・春日部にお住まいの皆さま
このようなことでお困りではありませんか?

  • 大切な人が亡くなったが、
    何から手をつけたら良いかわからない
  • 自分が亡くなった後の、相続人の争いが心配
  • 身内が亡くなったが、負債がありそうだ

大切な人がお亡くなりの場合の相続手続き」

何から手をつけたらいいかわからない方が多いでしょうが、ご安心ください。
土地建物の名義変更・銀行預貯金・自動車・株式・年金手続きなどは、専門家にお任せください。

ご家族を守るための「遺言書作成」

不幸は突然に訪れます。残されたご家族間の紛争を防止するために、遺言書を作成しておくことをおすすめします。公正証書遺言の作成お任せください。

思わぬ借金を相続しないための「相続放棄」

亡くなられた方に借金があった場合に相続放棄をすることで、借金を相続しなくて済みます。
相続放棄には期限がありますので、専門家にご相談ください。

ご契約までの流れ

お問い合わせ

お電話またはホームページ専用お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

048-970-8046
通常営業 8:30~18:30
ご予約で7:00~21:00ご来訪可能です。

土日祝営業

無料相談

初回ご相談は無料です。
当事務所は、越谷・春日部では、敷居の低い司法書士・行政書士事務所として、お客様にご満足いただいております。ご遠慮なくご相談ください。

なお、当事務所はせんげん台駅西口より徒歩1分です。

お手続き

当事務所は、相続手続き・遺言書作成・相続放棄などの費用は【定額】の明朗会計です。

お見積り内容にご納得いただけましたらご依頼となりますので、ご安心ください。

オリジナル記事 300以上ございますが、ご好評の一部をご紹介いたします。
青字の項目を、クリックしてご覧ください。

美馬克康作成オリジナル専門記事

越谷の相続手続き相談

相続手続

相続手続

相続の登記名義変更・銀行手続きは全国対応可能(北海道~沖縄、実績あり)

越谷の会社設立

会社設立

会社設立

株式会社設立 29万円(代表取締役印鑑/無料サービス)

越谷の不動産登記

不動産登記

不動産登記

抵当権抹消 9,800円(1不動産1抵当/例・土地建物 12,800円)

相続のご案内

相続の開始
  1. 人がお亡くなりになりますと、相続が開始します。
     
  2. 亡くなられた方がお持ちしていた、不動産(土地・建物)、銀行の預貯金、自動車、株式などが相続される方(相続人)に移転します。また、借金、未払いの税金などマイナスの財産も相続します。
     
  3. 相続される方は、自分名義に不動産の名義変更をし、預貯金・自動車・株式の相続手続きが、可能となります。
     
  4. 遺族年金の手続きもしなければなりません。遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されたいた遺族が、受けることができる年金です。
相続する人
  1. 法律で定められた相続人は、亡くなられた方の子が第一順位です。
    結婚前に生まれた子、認知した子、奥様のお腹にいる子(胎児)も、子として相続人となります。
     
  2. 子が、死亡していた場合は、その子が相続します。すなわち、亡くなられた方の孫が相続するのです。
     
  3. 子がいない場合、あるいは子の全員が相続放棄とか相続資格を失った場合に、第二順位の直系尊属(父母・祖父母)が相続人となります。父母と祖父母が存在する場合は、父母が優先し相続人となります。
     
  4. 第三順位として、亡くなられた方の兄弟姉妹が相続します。
    兄弟姉妹は、子および直系尊属がいない場合、あるいはその全員が相続放棄をした場合とか相続資格を失った場合に、相続人となります。
     
  5. 亡くなられた方の配偶者は、常に相続人です。子・直系尊属・兄弟姉妹と、同順位で相続人となります。
相続人調査
  1. 相続される方が、何名いるか調査するため、故人の出生から死亡までの戸籍謄本(古い戸籍謄本は、除籍謄本・改製原戸籍謄本の名称です)を取得します。
     
  2. この戸籍謄本によって、結婚前の子・前配偶者の子が発見されることがあります。
     
  3. 兄弟姉妹が、被相続人となる場合は、亡くなられた方の両親の出生から死亡までの古い戸籍謄本(除籍謄本・改製原戸籍謄本)を取得します。
相続の割合
  1. 法律で定められた相続の割合(相続分)は、次の通りです。
    なお、亡くなられた方が遺言書で相続分を定めていれば、それが優先します。
     
  2. 子と配偶者が相続人の場合、子・1/2、配偶者・1/2の割合で相続します。子が複数人の場合、子の相続分1/2を分割します。
     
  3. 直系尊属と配偶者が相続人の場合、直系尊属・1/3、配偶者・2/3の割合で相続します。直系尊属が複数人の場合、直系尊属の相続分1/3を分割します。
     
  4. 兄弟姉妹と配偶者が相続人の場合、兄弟姉妹・1/4、配偶者・3/4の割合で相続します。兄弟姉妹が複数人の場合、兄弟姉妹の相続分1/4を分割します。
遺産分割協議
  1. 遺産分割協議とは、相続人が複数人の場合、亡くなられた方の財産(相続財産)を、特定の相続人の所有とするためになされる手続きです。
     
  2. 遺産分割協議は、相続人の全員で協議をしなければなりません。
    一部の相続人を除外した協議は無効となります。
     
  3. 相続人全員の同意ですから、誰がどの遺産を相続するかを自由に話し合えます。ただし、借金を特定の人が相続すると話し合いで決めても、債権者にその旨を主張はできません。
     
  4. 遺産分割協議の内容は、文書にします。これが「遺産分割協議書」です。遺産分割協議の下欄に、相続人皆様方の住所・お名前を書きまして、実印を押します。したがいまして、印鑑証明書も必要です。

遺言書のご案内

遺言書の作成
  1. 遺言書は、亡くなられた方の最後の言葉として尊重されます。
    すなわち、法律で定められた相続分ではなく、遺言書に記載の内容が優先されることになります。
     
  2. 相続人の皆様方の争いを避けるためにも作成をおすすめいたします。
遺言書作成の長所
  1. 相続人間の遺産分割協議を省略できます。
    ① 遺産分割協議は、相続人の全員が参加し、相続人の誰が何を相続すると、話し合います。この協議は、まとまらないことも多々あります。

    ② また、亡くなられた方が二度目の婚姻の場合、初婚の際に生まれた子供も参加しなければなりません。

    ③ 遺言書には、誰に何を相続させると記載されているので、面倒な遺産分割協議をする必要がありません。

    ④ また、遺産分割協議書には、相続人の皆様の署名・実印での押印・印鑑証明書の添付が必要ですが、遺言書があればそれらは必要ありません。
     
  2. 自分の孫・内縁の妻・世話になった施設など、相続人以外の皆様に遺産をあげることができます。
    ① 法律で決まった相続人がいる場合、その他の人は、相続できません。遺言書では、法定相続人以外の人にも、遺産を渡すことができます。

    ② 世話になった施設とか社会福祉法人とかは、絶対に相続人にはなれませんが、遺言書に記載することで遺産を渡すことができます。
     
  3. 相続人にとって、相続財産が明瞭になります。
    ① 遺言書には、「特定の財産を誰に相続させる」と、細かく遺産内容が書かれることがあります。これによって、相続財産が明瞭となります。

    ② もちろん、「すべての財産を誰に相続させる」と、書かれた場合は、相続財産は不明瞭です。
     
  4. 何度でも書き換えができます。
    ① 遺言書作成後、気持ちが変わった場合は書き換えることができます。

    ② その場合、重複した部分は日付の新しい遺言書が有効です。
    たとえば、最初の遺言で「越谷市千間台西一丁目〇番〇、の土地を長男Aに相続させる」と、記載したとします。二度目の遺言書で、「越谷市千間台西一丁目〇番〇、の土地を次男Bに相続させる」と、記載した場合はBが相続することになります。
遺言書作成の短所
  1. 自筆証書遺言書
    ① 自筆証書遺言書とは、文字通り自分で作成する遺言書です。

    ② 自筆証書遺言書は、厳格な要件が求められます。すなわち、すべて自分で書かなくてはなりません。また、お名前・作成年月日を記入し、お名前の横に押印が必要です。押印は認印でも結構です。一つでも要件を欠けば無効です。

    ③ 日付に関して言えば、「〇年〇月〇日」と記載すべきですが、「〇年〇月大安」と書いた場合は無効です。

    ④ 自筆証書遺言書は、紛失とか改ざんの危険性があります。改ざんには、たまたま自筆証書遺言書を見つけた人が、都合のいいように書き換える場合が多いです。
     
  2. 公正証書遺言書
    ① 公正証書遺言書とは、公証人が作成する遺言書です。公証人が作成し、原本を公証人役場に保管することにより、紛失とか改ざんの危険性はありません。

    ② しかし、公証人が作成することにより有料制です。また、証人二人が立ち合いをしなければなりませんので、その方の報酬も必要となります。

    ③ 一般人を証人とした場合、秘密が漏れるおそれがあります。

相続放棄のご案内

相続放棄とは
  1. 相続放棄は、相続人が自分の相続を放棄することです。相続開始によって生じた相続財産の承継を相続人が拒む意思表示です。
     
  2. 相続放棄は、被相続人の相続財産を承継しないという絶対的なものです。そのため、特定の相続人に自分の相続分を与えるというために放棄をする、というような相続放棄(相対的放棄)は、できません。
     
  3. また条件や期限を、相続放棄につけることも許されません。
相続放棄の期限・方式
  1. 相続放棄をする者は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから、3ヶ月以内にすることを要求されてます。すなわち、相続人が、被相続人の亡くなったことを知り、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内になすことを要求されます。
     
  2. 相続放棄の意思表示は、家庭裁判所へ放棄をする旨の申述によります。第三者や他の相続人に、「自分は相続人であるが、相続はしません」と、相続放棄の意思表示をしても無効です。
     
  3. 裁判所には、相続放棄申述書に一定の書類を添付して提出します。この場合、相続財産の目録の添付は必要ありません。
     
  4. 相続放棄は、相続の開始前にしても無効です。たとえ実印を押した制約書を提出しても、まったく効果はありません。
     
  5. 相続放棄申述書に対して家庭裁判所が申述受理の審判をすると、相続放棄の効力を生じます。
相続放棄の効果
  1. 相続放棄が受理されれば、相続放棄の効力は被相続人が亡くなったとき、すなわち、相続開始のときに遡って発生します。
     
  2. つまり、相続放棄をした相続人は、相続人とならなかった者とみなされます。
    相続放棄者が単独相続人の場合には、次順位の者が相続人となります。
    また、相続放棄をした者が共同相続人の場合には、その者を除いた相続分が他の共同相続人に分けられることになります。
     
  3. 相続開始後に、相続人が相続の承認とか相続放棄をしないで死亡する場合が多々あります。この場合、死亡した相続人の相続人は、相続の開始が自分自身のためであることを知ったときから、3ヶ月以内に相続放棄の申述ができます。

おすすめ行政書士(埼玉県行政書士会越谷支部会員)

ふれあい行政書士  048-961-8646  (担当・坂本)

建設業・産業廃棄・古物商・会計記帳・車庫証明等自動車関係

ロイドサポート行政書士 ☎ 048-976-5184  (担当・内田)

外国人関係・許認可全般(宅建業/介護事業/風俗営業など)

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

令和元年7月25日

相続資格重複

令和元年7月27日

相続人の重複

令和元年8月18日

配偶者の居住権

令和元年6月30日

遺留分と指定相続分

ブログ新着記事