埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続放棄法文詳解

1.相続放棄申立権者に関しての、利益相反行為の判断について、判例は法律行為の種類・性質といった行為自体、あるいは外形から判断する形式的判断説に立っています。当該行為の動機・目的・結果などの具体的事情を考慮すべきとする、実質的判断説は採用していません。

2.なお、判例の形式的判断説と言っても、利益・不利益の判断において、当該具体的事情を考慮することを一切否定するものではありません。当該行為(相続放棄)の時点で、現在および将来生じ得る利害対立の可能性がない場合には、利益相反行為とならないことを認めたものである、との評価もあります。

3.学説には、共同相続人である親権者・後見人が、未成年者・被後見人全員とともに、相続放棄をしていれば、代理権濫用の問題は生じ得るとしても、利益相反行為とならないと解するものが多いようです。(ただし、親権者・後見人自身の相続放棄が先行あるいは同時になされるべきかは明確ではありません。)

4.民法第886条1項は、胎児に相続能力を認めており、胎児についても相続放棄を肯定する見解もあります。しかし、実務および多数説は胎児について相続放棄を否定しています。否定説に立ち、915条の熟慮期間も出生後に起算点が始まる、と解する立場もあります。

5.相続放棄の申述は、相続開始後、熟慮期間(915条)内に行われるべきですが、熟慮期間の起算点に関しては、議論もあります。

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報