埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

遺産相続法文詳解

相続相続法文詳解をご紹介しています。

相続人調査・古い戸籍謄本の取得、亡くなられた方の銀行手続き(残高証明・相続人への移行)、自動車相続手続きなど、お任せください。生前贈与のご相談もどうぞ。

越谷の相続相談は美馬司法書士・行政書士事務所

048-970-8046

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

無権代理人の本人相続

1.無権代理人が本人を相続した場合の共同相続について、最高裁判所は、追認権は全共同相続人に不可分的に帰属し、全員の共同行使を要するとの前提で次のように述べています。

2.すなわち、他の共同相続人全員が追認している場合に、無権代理人が追認を拒絶することは信義則上許されないが、他の相続人全員の追認がない限り、無権代理行為が無権代理人の相続分に相当する部分においても、当然に有効となるものではありません。

3.無権代理行為が、金銭債務の連帯保証契約の場合でも、同様であるとしています。

4.判例の不可分的帰属と全員による共同行使による背景には、本人の追認権が、その死亡により無権代理人を含む共同相続人による準共有となったところ、追認が未確定無効の無権代理行為を有効とする処分的効果を生じさせるため、共同相続人全員の合意を要するとの論理があります。

5.なお、本人が、無権代理行為の追認を拒絶した後に死亡し、無権代理人が本人を相続した場合、先の追認拒絶により無権代理行為は本人に効果が及ばないことに確定し、後に無権代理人が相続しても右効果に影響はありません。

6.本人が無権代理人を相続した(本人相続型)の場合は、本人は固有の権利として追認拒絶権を行使できます。(被害者ともいえる本人の追認拒絶は、信義則違反とは言えないからです。)

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成31年2月19日

遺産分割協議書の効力

平成31年1月11日

無権代理の相続

平成31年1月25日

無権代理人の本人相続