越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続手続き案内

1.相続の廃除は、被相続人が、自己の住所地の家庭裁判所に申し立てます。家庭裁判所は、審判または調停によって、審理します。申立てを却下する審判に対しては、即時抗告することができます。審判が確定し、または調停において合意が得られて、調停調書が作成されたときは、書記官から被廃除者の本籍地戸籍管掌者に対して通知します。廃除を申し立てた者は、戸籍届をしなければなりません。

2.廃除の審判が確定すると、推定相続人は、相続資格を失います。言い換えれば、相続開始にあたって、相続権を有しなくなることを考えると、相続人廃除の手続は実体法上の権利の存否に関するものであって、公開の法廷において、対審のもとで進められるべきであり、審判手続によるものは、違憲ではないかと疑問が生じます。

3.この点につき、家庭裁判所は、被相続人の申立てにもとづいて、後見的立場から、具体的に廃除事由が存在するかどうかを審査判断するものと、解釈しています。

4.言い換えれば、被相続人の宥恕、相続人の回心など諸般の事情を総合的に考察して、廃除が相当であるか否かを、判断するものであり、その本質は非訟事件であるとするのが最高裁判所の立場です。

5.しかし、実体法上の権利義務の存在を、前提にその具体的内容を定める、遺産分割手続や同居新版手続と同じとみることができるか、疑問かもしれません。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成30年7月10日

相続 ⑭

平成30年6月1日

相続 ⑬

平成30年7月1日

相続の放棄 ⑮

平成30年6月15日

相続の放棄 ⑭