埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

相続放棄法文詳解

相続放棄法文詳解をご紹介しています。

相続人調査・古い戸籍謄本の取得、亡くなられた方の銀行手続き(残高証明・相続人への移行)、自動車相続手続きなど、お任せください。生前贈与のご相談もどうぞ。

越谷の相続相談は美馬司法書士・行政書士事務所

048-970-8046

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

相続放棄と詐害行為取消

1.相続人による相続放棄について詐害行為取消権を認めるべきか否かについてですが、判例は、相続債権者Xに関する事案で、相続放棄のような身分行為は、①既得財産を積極的に減少させる行為ではなく、②相続放棄について、他人の意思による強制的介入は認めるべきではないとして、否定説に立ちます。

2.相続人の債権者Yに関する事例については、東京高等裁判所の裁判例ですが、「もし、詐害行為としてその取消しを許すとすれば、その結果は、結局承認を強制することになるから、相続放棄の如きは、他人の意思によってこれを強制すべきではない」として、同様に詐害行為取消権の適用を否定しています。

3.なお、最高裁判所の判例でも、Yとの関係で相続人の相続放棄は、権利濫用とならないとしたのもあります。

4.なお、事実上の相続放棄にあたるような遺産分割協議が行なわれた事案において、判例は相続人の債権者による詐害行為取消権行使を認めており、これとの関係が、問題とされています。

5.学説は、従来の通説は、相続債権者Xと相続人の債権者Yとの区別をすることなく、詐害行為取消権の行使を否定していました。その理由は、判例と同じようです。

6.すなわち、①相続行為は身分行為であること、②相続放棄の自由に対して債権者が干渉することは望ましくないこと、③相続放棄は債権者の財産減少行為ではないこと、さらに、④相続放棄の遡及効を重視し、相続財産が放棄者の財産となることは一度もなく、債権者の債権の引当てとして期待すべき債務者の責任財産ではない、ことなどを理由とします。

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成31年3月26日

祭祀財産の承継

平成31年4月21日

再代襲

平成31年3月9日

代襲相続の要件