埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

相続放棄法文詳解

相続放棄法文詳解をご紹介しています。

相続人調査・古い戸籍謄本の取得、亡くなられた方の銀行手続き(残高証明・相続人への移行)、自動車相続手続きなど、お任せください。

越谷の相続相談は美馬司法書士・行政書士事務所

048-970-8046

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

相続放棄と相続財産管理

1.相続放棄と登記に関して、判例は、登記不要説に立つことを明らかにしました。学説も、概ね登記不要説に立っています。

2.同じく遡及効を持つ遺産分割協議について、判例は、登記必要説に立っていることとの関係も問題となるが、相続放棄に関して登記不要とする理由は、遡及効の観点のみではなく、相続放棄をめぐる具体的利益状況に基づくものであります。

3.次に、相続放棄者の管理義務について検討します。相続人は、相続開始により相続財産を承継し、相続財産の管理義務を負うが、これは、熟慮期間中の相続人による選択権行使前の暫定的な状態であります。

4.相続放棄によって、相続の効果を確定的に消滅させたときは、相続財産管理義務も消滅します。

5.しかし、相続開始後に、相続財産の現実の管理を行っていた相続人Aが相続放棄をしたような場合、他の競争相続人や次順位相続人が、ただちに相続財産の管理をはじめることができるとは限りません。

6.相続放棄者Aが、管理義務消滅に伴い、相続財産の管理も放棄してしまうことになれば、相続財産は管理者不在の財産として放置されかねません。

7.そこで、他の相続人、次順位相続人、相続債権者、受遺者などの利益のために、相続放棄者は放棄後も「放棄によって相続人となった者(次順位相続人のみならず、他の共同相続人をも含むと解されている)が相続財産の管理をはじめることができるまで」相続財産の管理を、継続すべきことが定められました(民法第940条)。

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成30年11月23日

保証債務相続

平成30年11月30日

相続放棄者の管理義務

平成30年12月7日

ゴルフ会員権相続