埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

相続人ゼミ

"せんげん台駅前大学"のゼミ形式で、相続人についてご紹介しています。

せんげん台駅前大学の、堅物教授の、相続人ゼミを開催します。
今日は代襲相続の第5回目で、「兄弟姉妹の再代襲」についてです。

相続人調査・古い戸籍謄本の取得、亡くなられた方の銀行手続き(残高証明・相続人への移行)、自動車相続手続きなど、お任せください。生前贈与のご相談もどうぞ。

越谷の相続相談は美馬司法書士・行政書士事務所

048-970-8046

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

兄弟姉妹の再代襲

教授:

被相続人の子についての代襲相続は、どこまで続きますか。
武富さん、お願いします。

武富:

はい。被相続人の子についての代襲相続は、代襲者の死亡により再代襲、再々代襲など、理論上は無限に子孫が代襲を重ねることができます。

 

教授:

そうですね、兄弟姉妹の代襲相続についてはどうでしょうか。
増井さんいかがですか。

増井:

はい、兄弟姉妹、たとえば甲が被相続人となる場合は、被相続人甲の兄弟姉妹である乙の子A(被相続人の甥姪)に限って代襲相続が認められています。

被相続人甲の相続開始時に、その兄弟姉妹乙および乙の子Aが死亡していて、Aに子BがいてもBは再代襲することができません。

 

教授:

はい、よくできました。
兄弟姉妹の再代襲相続の制約は、昭和56年1月1日以降に開始した相続に限られるものであり、昭和55年12月31日以前に開始した相続については、再代襲も可能です。

昭和56年1月以降の相続について、代襲相続人を被相続人の甥姪までに限ったのは、昭和37年7月1日施行改正民法が兄弟姉妹の再代襲相続を認めたことにより、相続人の範囲を拡大しすぎるという批判に対応するものでありました。

ここらを理解しておいてください。

それでは、兄弟姉妹の代襲相続の効果について、島末君説明してください。

島末:

え!?「こうか」ですか?あの、大学の校歌ですか?

 

教授:

はあ?何を君は寝ぼけているんだ!ゼミで校歌を歌うわけはないだろ!

竹内君、代わって説明してください。

竹内:

被相続人の兄弟姉妹が、相続人となる場合における代襲相続の効果は、被相続人の子についての代襲相続の場合と同じと解釈しています。すなわち、第一に、代襲者は、被代襲者の相続順位で被相続人を相続します。第二に、代襲者は、被代襲者が相続すべきであった相続分を相続することです。

 

教授:

はい、よくできました。
今日はこれで終わりましょう。
島末君はもっと勉強してきなさい。

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

令和元年5月18日

遺言と代襲相続

令和元年6月1日

法廷相続分

令和元年6月15日

指定相続分

令和元年6月30日

遺留分と指定相続分