越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続の放棄 ⑨

1.相続放棄の無効の主張方法は、定めがありません。この点、相続放棄の取消しが、無効の       主張方法の規定があるのと、異なります。

2.そこで、相続放棄の無効確認訴訟により、無効の主張をすることができるかという点につ       いて、判例は、相続放棄の無効確認訴訟について、確認の利益を否定しています。

3.すなわち、相続に関する具体的な個別紛争において、相続放棄の無効を主張すべきとし、       独立した確認訴訟を認めていません。なお、学説は、賛否両論に分かれます。

4.相続放棄の利用状況は、どうなっているのでしょうか。                                                     家庭裁判所における相続放棄申述事件の新受件数は、1947(昭22)年の現行法成立直後         は、かなりの件数に上がったようです。

5.そして、1951(昭26)年には、19万1000件のピークに達しましたが、その後減少を続け       て、1975(昭50)年には、5万件を割り込んでいました。ちなみに、1982年の4万2322         件が、最も少ない件数と記録されています。

6.しかし、1992年に、再び5万件を超えて以降上昇を続け、最近では16万件を超えているよ       うです。若干古い記録ですが、2012(平成24)年には、16万9000件に達しています。

7.このような相続放棄件数の動向に関しては、当初は、特定の者、特に家の跡継ぎとなった       長男(あるいは長女)に、相続財産を集中させるためだったようです。

8.そのため、他の共同相続人、とりわけ、婚姻により実家を離れた女性が、相続放棄を行っ       ていた例が多いと考えられています。明治民法の下での長男単独相続制度が、現行法のも       とでも、相続慣行として存続していたといえます。

 

→ このページトップ「相続の放棄」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年11月1日

相続 ⑧

平成29年11月15日

相続の放棄 ⑩

平成29年12月16日

相続の放棄 ⑪

平成29年11月25日

相続 ⑨