越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続放棄案内

1.判例は、古くは、旧888条(現行826)は、108条の特則であり、対象行為は、108条の法形式をとらなければならないとし、相手方のない単独行為である相続放棄にはその適用はないとしました。その後は、826条の趣旨が子の利益保護にあることから、適用範囲は108条とは異なるとして、適用範囲が拡大されました。

2.相続放棄に関しても、最高裁昭和53年2月24日判決は、協同相続人の一人である後見人による被後見人(未成年者)の相続放棄に関する事案において次の通り判示しました。

3.すなわち、相続放棄をする者と、これによって相続分が増加する者とは、利益が相反する関係にあることは明らかであり、「相続の放棄が、相手方のない単独行為であるということから直ちに民法826条にいう利益相反行為に当たる余地がない、と解するのは相当でない」として、大審院判例を変更しました。

4.しかしながら、必ずしも常に利益相反行為にあたるとは言えず、共同相続人である後見人が被後見人により先に、あるいは同時に自ら相続放棄をしている場合は、被後見人を代理して行う相続放棄は、「その行為の客観的性質から見て」利益相反行為にあたらないとしたことから本判決についての評価が分かれます。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成30年7月10日

相続 ⑭

平成30年6月1日

相続 ⑬

平成30年7月1日

相続の放棄 ⑮

平成30年6月15日

相続の放棄 ⑭