越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

 遺言書の自書

総説
  1. 自筆証書遺言は、遺言者が、その全文・日付及び氏名の、自書が必要です。
     

  2. 自書とは、遺言者が、自分で書くことです。
     

  3. よって、遺言者が、文字を知っており、これを自らの意思に従って、筆記することが、
    できなければなりません。

他人の補助
  1. 遺言者が、けがや病気のために、自分一人で、文字が書けない場合があります。この場合、他人に補助してもらって、書いた場合はどうでしょうか。
     

  2. 判例は、次のような要件を掲げ、自書と認めています。
    (1) 運筆について、他人の添え手による補助は、可能です。
    (2) その場合、遺言者は、添え手をした他人から、単に筆記を容易にするための支えを借りただけであることを要します。
    (3) すなわち、添え手をした他人の意思が、介入した形跡のないことが筆跡のうえで、判定できる場合には、有効な自書と認められます。

外国語、パソコン、カーボン複写
  1. 自書は、必ずしも日本語である必要性は、ありません。外国語でも、可能です。
     

  2. また、略字とか、速記文字でもよいとされています。
     

  3. パソコン、タイプライター、点字機を使用したのは、自筆証書とはなりません。自筆を要求するのは、その筆跡で本人の作成を、判定するためだからです。
     

  4. カーボン紙を用いて、複写の方法で、全文・日付・氏名を記載した場合は、自書といえます。
     

  5. カーボン紙による複写でも、本人の筆跡が残りますから、筆跡鑑定によって本人の自筆かどうかが、判定できるからです。

数枚の用紙と自書
  1. 自筆証書遺言の全文は、一枚の用紙に書きつくしてある必要はありません。 
     
  2. 用紙が、数枚になっても、それが自書された一通の遺言書であることが、確認されればよいわけです。 
     
  3. したがって、数枚の自筆証書遺言書が、綴じてあるが契印がなくても、一通の遺言書と認められれば、有効です。
     
  4. また、数枚の自筆証書遺言書が、綴じてないが頁数が記入されている場合も、同様に解釈できます。
     
  5. さらに、数枚の自筆証書遺言書が、綴じてなく頁数も記入されていないが、文章の続き具合がわかる場合も、一通の遺言書と認められれば、有効です。
他人の下書き
  1. 他人に、下書きを書いてもらい、それを写した場合は、どうでしょうか。
     
  2. 自書といえる、という考えが多いようです。
     
  3. しかし、状況を検討して、真意かどうかを判断する必要がある、との考えもあります。

このページのトップ 「自筆証書遺言」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年11月1日

相続 ⑧

平成29年11月15日

相続の放棄 ⑩

平成29年9月17日

相続の放棄 ⑨

平成29年7月9日

相続 ⑦