埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

相続放棄法文詳解

相続放棄法文詳解をご紹介しています。

相続人調査・古い戸籍謄本の取得、亡くなられた方の銀行手続き(残高証明・相続人への移行)、自動車相続手続きなど、お任せください。生前贈与のご相談もどうぞ。

越谷の相続相談は美馬司法書士・行政書士事務所

048-970-8046

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

1.相続を放棄したものの、管理能力が十分でない場合や、不適切な管理を行う場合、利害関係人または検察官の請求により、家庭裁判所は、相続財産の保存に必要な処分を命ずることができます。

2.保存に必要な処分としては、財産の封印、換価、処分禁止、財産目録の調整などであります。もっとも重要なものとして、財産管理人の選任があります。

3.財産管理人が選任された場合、その権限には、不在者のための財産管理人の規定が準用されます。この場合には、放棄者の管理は終了すると解されています。

4.相続放棄に関して、若干の判例・民事局の回答をご紹介します。

① 相続放棄の性質は、私法上の財産法上の法律行為であるから、これにつき民法第95条(錯誤)の適用があります。

② 相続放棄の申述は、必ずしも常に本人の審問等を要しません。申述書には、原則として本人の自署を要するが、特段の事情があるときは、本人または代理人の記名押印だけでも受理されます。

③ 相続の放棄は、それにより相続債権者に損害を与えることを目的としても、権利の濫用にはなりません。

④ 被相続人の長女が、兄弟である二男を養子とし、長女は被相続人よりも先に死亡していた場合、二男の相続放棄は、子としての相続権も長女の代襲相続人としての相続権も、放棄したものとなります。

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成30年12月28日

死因贈与

平成31年1月11日

無権代理の相続