埼玉県越谷市の司法書士・行政書士事務所「美馬克康司法書士・行政書士事務所」

せんげん台駅(急行停車駅)西口徒歩1分/土日祝日営業

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続・遺言・相続放棄などのご相談は美馬司法書士・行政書士事務所

遺産相続法文詳解

相続相続法文詳解をご紹介しています。

相続人調査・古い戸籍謄本の取得、亡くなられた方の銀行手続き(残高証明・相続人への移行)、自動車相続手続きなど、お任せください。

越谷の相続相談は美馬司法書士・行政書士事務所

048-970-8046

受付時間:8:30~18:30(せんげん台駅1分・土日祝営業)

慰謝料請求の意思表示

1.慰謝料請求の意思表示を、死ぬ前にしたか否かについて、裁判例のなかには、一方で被害者保護をはかるため、慰謝料請求の意思表示を緩和した例があります。

2.たとえば、「残念残念」や「向こうが悪い」と言いつつ死んだ場合、「お母さん、痛いよ」も、慰謝料請求の意思表示がありとしています。他方、「助けてくれ」は、それに当たらないとした判例もあります。

3.こうした判例に対しては、意思表示ができる軽い障害よりも、即死や意思表示が不能なほど重症の場合の方が、被害者に不利となるなどの批判が強かったようです。最高裁判所は、慰謝料請求権は、被害法益が被害者の一身に専属するのみで、単純な金銭債権として右の意思表示の有無と問わず当然に相続されるとしました。

4.他方で、近時の学説上の多数説は、相続否定説であり、死者自身の慰謝料請求権の発生・相続を認めなくても、遺族に固有の慰謝料請求権を認めれば足りるとしています。

5.なお、判例のように相続を肯定する場合、相続された慰謝料請求権と遺族の固有の慰謝料請求権との関係が問題となります。判例は、両者は被害法益を異にし併存しうるとしています。

6.実務上は、慰謝料額は、裁判官の裁量により決定されることから、併存を認めたことにより、いずれか一方のみの場合に比較して、金額に大きな差が生ずるわけではないようです。

埼玉県越谷市
美馬克康 司法書士・行政書士

美馬克康司法書士・行政書士事務所へお問合せください

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

越谷で司法書士・行政書士へのご相談はお任せください。

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号
せんげん台駅徒歩1分

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成30年11月23日

保証債務相続

平成30年11月30日

相続放棄者の管理義務

平成30年12月7日

ゴルフ会員権相続