せんげん台駅前 / 相談無料 / 土日祝日営業 / 抵当権抹消9800円・相続・相続放棄・離婚・遺言・株式会社設立28万円・内容証明・示談書・公正証書・登記名義変更

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

せんげん台駅1分 / ご来訪 7時~21時 (要ご予約) / 土日祝日営業
越谷・吉川・松伏・草加・春日部・岩槻・川口他

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

 相続分の譲渡

「相続分の譲渡」とは、何ですか。

「相続分の譲渡」とは・・・

「相続分の譲渡」とは、各共同相続人が、遺産(相続財産)全体に対して有する包括的な持分、あるいは法律上の地位を、第三者に譲渡することです。

遺産中の乗用車を、譲渡することも該当しますか。

いいえ。

それは、何故ですか。

ここでいう相続分とは・・・

ここでいう相続分とは、積極財産のみならず 消極財産を含めた包括的な相続財産全体に対しての持分、あるいは法律上の地位です。
個々の財産の譲渡を、意味するものではありません。

相続分の譲渡を認めることは、関係のない者が、相続財産に関与する事になり、好ましくないのではありませんか。

たしかに、遺産分割の理想的実現にとって、好ましくはないですね。

しかし、相続開始から遺産分割時までに時間がかかる場合があります。
 
そのため、早急に相続分を換価処分をしたい、という相続人の利益を考慮して、認めたものです。

法律でも、認められているのですか。

はい。

民法905条は、共同相続人の1人が遺産分割前でも、自己の相続分を第三者に譲渡できることを前提に、規定しています。

相続分の譲渡は、第三者のみにできるのですか。

いいえ。

相続分の譲渡は、第三者のみならず、共同相続人に対してもできます。

相続分の譲受人は、遺産分割を請求できますか。

はい。

請求できる権利を、有しています。

相続分の譲受人を除外して、遺産分割協議をした場合、有効ですか。

いいえ。

無効です。

相続分の譲渡人は、遺産分割協議に参加できますか。

いいえ。

参加できません。

なぜ、参加できないのですか。

相続財産上の権利を失っているからです。

相続分の譲渡人は、相続分の譲渡によって、相続財産上の権利を失っているからです。

相続分の譲渡人は、相続債務を免責されますか。

いいえ。

債権者との関係で、免責されません。
免責を認めると、債権者に不利益を及ぼすからです。

このページのトップ
「トピックス・相続法豆知識」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年6月27日

相続の放棄 ⑧

平成29年7月8日

相続 ⑥

平成29年9月17日

相続の放棄 ⑨

平成29年7月9日

相続 ⑦