越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

美馬(みま)克康司法書士・行政書士事務所

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

相続 ④(配偶者の相続権)

1.被相続人の配偶者は、常に相続人となります。そして、血族相続人が誰であっても、この       者と常に同順位で共同相続をします。離婚に際して、財産分与が財産関係の清算を行うよ       うに、婚姻の死亡解消に際して、相続という方法で、財産関係の清算を行うものです。

2.配偶者が、相続人となり得るためには、婚姻届を出していなければなりません。相続人が       戸籍から一応推定し得るのでなければ、取引の安全を害するからです。内縁配偶者に相続       が認められない点は、配偶者との法的差異として現存しているのです。

3.子がなく、ともに両親が死亡しているAB夫婦が、例えば同一交通事故で死亡した場合、       配偶者として相互に相手方を相続することはありません。Aについては、その兄弟姉妹と       その代襲相続人が相続します。また、Bについては、その兄弟姉妹とその代襲相続人が相       続します。

4.前述のように、戸籍に現れない内縁配偶者に、相続権を認めることはできません。内縁が       破綻によって解消する場合には、財産分与請求権の類推適用が一般に肯定されています。       そこで、財産分与の類推適用によって、死亡解消の生存内縁配偶者を保護するのも、一つ       の方法です。

5.しかし、財産分与は、財産の清算以上の内容をも含んでいることを考えると、必ずしも適       切ではありません。最高裁は、死亡した内縁配偶者の子から、生存内縁配偶者に対する遺       産にかかる家屋の明渡請求に対して、共有持分権に基づく居住を保証することによって、       共有理論による解決を志向しました。

6.その後、最高裁は、内縁関係の死亡解消の際には、前述のように、権利内容が異なること       を根拠に、財産分与の類推適用を否定しました。

 → このページトップ「遺産相続」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年11月1日

相続 ⑧

平成29年11月15日

相続の放棄 ⑩

平成29年9月17日

相続の放棄 ⑨

平成29年7月9日

相続 ⑦