せんげん台駅前 / 相談無料 / 土日祝日営業 / 抵当権抹消9800円・相続・相続放棄・離婚・遺言・株式会社設立28万円・内容証明・示談書・公正証書・登記名義変更

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

せんげん台駅1分 / ご来訪 7時~21時 (要ご予約) / 土日祝日営業
越谷・吉川・松伏・草加・春日部・岩槻・川口他

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

 相続回復請求権判例概説

相続回復請求権 (民法第884条)の意義
  1. 相続回復請求権は、相続権(相続開始後の相続権)の侵害に対する救済として、認められる真正相続人の権利です。
     

  2. 相続人でない者が、相続財産を占有している場合に、真の相続人が、一定期間内に、相続回復請求権を行使することで、相続人としての地位を回復できるのです。

行使

一 個々の財産への請求(大審院判例明治44年)

  1. 真正相続人が相続した、A家屋には、第三者が居住していました。
     
  2. そこで、真正相続人は、A家屋の居住者に、自己の所有権取得を理由に、明け渡し請求をしました。
     
  3. このように、相続による所有権取得を理由として、個々の財産に対し、取戻しを請求するのも、相続回復の請求です。

 
二 包括的行使(大審院判例大正8年)

  1. 真正相続人が相続した、農地・山林・宅地・家屋を、相続欠格者が、あたかも相続人のように占有していました。
     
  2. この場合、相続回復請求権は、包括的に行使できます。
     
  3. よって、真正相続人は、目的たる財産を、いちいち列挙する必要はありません。
援用権者

一 共同相続人の事例( 最高裁判所判例昭和53年) 

  1. 共同相続人の一人Aが、相続財産のうち自己の相続分を超える部分をも、占有管理していました。
     
  2. Aは、他の相続人B・Cに対しては、被相続人から全てを相続したからAの相続分だと主張して、真正相続人B・Cの相続権を侵害しています。
     
  3. このような共同相続の場合も、本条の適用はあります。
     
  4. しかし、侵害者Aが、悪意であり、または、そう信じるにつき合理的理由がない場合は、別途の考察が必要です。
     
  5. すなわち、侵害されている他の共同相続人B・Cからの、侵害の排除の請求に対して、相続回復請求権の時効を、援用できません。

 
二 侵害していた共同相続人からの譲渡(最高裁判所判例平成7年) 

  1. 共同相続人の一人が、土地について、単独相続の登記をしました。
     
  2. この者は、本来の持分を超える部分が、他の共同相続人に属することを、知っていたか、または単独相続をしたと信じるにつき、合理的事由がありませんでした。
     
  3. この場合に、侵害されている他の共同相続人からの、侵害の排除の請求に対して、相続回復請求権の時効を、援用できません。
     
  4. そして、その侵害していた者から、土地を譲り受けた第三者も、消滅時効を援用できません。

 
三 立証責任(最高裁判所判例平成11年) 

  1. 相続回復請求権の消滅時効を、援用しようとする者は、次のことを主張立証しなければなりません。
     
  2. すなわち、真正共同相続人の相続権を侵害している共同相続人が、相続権侵害の開始時点において、他に共同相続人がいることを知らず、かつ、これを知らなかったことに合理的事由があったこと、です。
取得時効との関係

一 相続回復しうる間は、僭称相続人は、相続財産である不動産を占有しても、時効取得することは、できません(大審院判例昭和7年)。
 
二 表見相続人から、相続不動産を転得した第三者は、前者の占有をあわせて主張でき、時効取得ができます(大審院判例昭和13年)。

20年の期間

(最高裁判所判例昭和23年) 

  1. 相続回復請求権は、相続開始の時から、20年で消滅します。
     
  2. この20年の期間は、相続権侵害の事実の有無にかかわらず、相続開始の時から、進行します。

このページのトップ
「相続法条文・判例概説」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年6月27日

相続の放棄 ⑧

平成29年7月8日

相続 ⑥

平成29年9月17日

相続の放棄 ⑨

平成29年7月9日

相続 ⑦