せんげん台駅前 / 相談無料 / 土日祝日営業 / 抵当権抹消9800円・相続・相続放棄・離婚・遺言・株式会社設立28万円・内容証明・示談書・公正証書・登記名義変更

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

せんげん台駅1分 / ご来訪 7時~21時 (要ご予約) / 土日祝日営業
越谷・吉川・松伏・草加・春日部・岩槻・川口他

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

 損害賠償請求権の相続

総説
  1. 不法行為や債務不履行による損害賠償請求権は、財産上の権利として、相続されます。
     

  2. ただし、生命侵害の場合、財産的損害の賠償請求権、非財産的損害の慰謝料請求権について、若干の問題があります。
     

  3. それは、死者の権利主体性の、観点からの問題です。
     

  4. さらに、慰謝料請求権の場合は、一身専属性の、観点からも問題があります。

 
この問題を、検討します。

財産的損害賠償請求権の相続
  1. 被相続人が、事故で即死した場合、その人は死亡によって権利主体でなくなります。
     
  2. よって、その人が、生命を奪われたことによる損害 (生存していたら、得られたであろう収入) 賠償請求権を、取得できないはずです。
     
  3. そうすると、その相続ということも、ありえないはずです。
    論理上は、このような帰結となります。
     
  4. しかし、これは、負傷後の死亡に比較して、はなはだしく不公平です。
     
  5. 負傷後の死亡だと、負傷により被害者本人に発生した、財産的損害の賠償請求権が本人の死亡により、相続人に承継されるからです。
     
  6. 身体侵害よりも重い生命侵害の場合に、損害賠償請求権が認められないとの不均衡は、避けなければなりません。
     
  7. 判例は、この不均衡を避け、相続を認めています。
     
  8. すなわち、即死の場合も、致死傷と死亡との間に、観念上時間的間隔があり、その時に、被害者に、損害賠償請求権が発生します。
    そして、被害者の死亡によって、その損害賠償請求権が相続される、としています。
     
  9. この解決は、死者に権利主体性を認める点で、不整合さが残ります。
    しかし、実務上は、定着しているようです。
慰謝料請求権の相続
  1. 慰謝料請求権については、一身専属性の問題があります。
     

  2. 当初判例は、被害者が、慰謝料請求の意思表示をすれば、それ以降通常の金銭債権として相続され、被害者の一身に専属するものでない、としました。
     

  3. 慰謝料請求の意思表示は、意思の表白をもって足り、加害者に到達することを要しないと、されました。
     

  4. また、その表白も、緩やかに解されていました。
     

  5. たとえば、「残念、残念」とか、「向こうが悪い」と、いいつつ死んだ場合は、意思表示
    があり、とされました。
     

  6. さらに、「お母さん、痛いよ」も、意思表示とされました。
    しかし、「助けてくれ」は、それに当たらないと解されました。
     

  7. これは、意思表示ができないほどの重傷とか、即死の場合は、被害者に不利です。
     

  8. 最高裁判所は、慰謝料請求権は、当然に相続されるとしました。
    慰謝料請求権は、被害法益が被害者の一身に専属するのみで、単純な金銭債権として、意思表示の有無を問わず、当然に相続されると、解したのです。

このページのトップ 「債権の相続」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年6月27日

相続の放棄 ⑧

平成29年7月8日

相続 ⑥

平成29年9月17日

相続の放棄 ⑨

平成29年7月9日

相続 ⑦