せんげん台駅前 / 相談無料 / 土日祝日営業 / 抵当権抹消9800円・相続・相続放棄・離婚・遺言・株式会社設立28万円・内容証明・示談書・公正証書・登記名義変更

相続 遺言 離婚 | 越谷の美馬司法書士・行政書士/せんげん台駅1分

せんげん台駅1分 / ご来訪 7時~21時 (要ご予約) / 土日祝日営業
越谷・吉川・松伏・草加・春日部・岩槻・川口他

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

 占有権の相続

占有権の意義
  1. 占有権は、 占有という事実を法律要件として与えられる法律効果です。
     

  2. 占有権は、占有という物の事実的支配そのものを法的保護の対象とするものとして制度化されたものです。
     

  3. 占有という事実があれば、占有権を取得するものとされ、いわば、あるがままの事実状態を保護しようとするものです。 

占有権の相続 
  1. 占有権は、目的物の現実的支配を基礎とします。
     

  2. このことより、相続人は、自己固有の占有権を取得するから、占有権の相続はないと、
    考えられたこともありました。
     

  3. しかし、現在では、学説・判例ともに、占有権の相続を認めています。
     

  4. 相続開始によって、特別の事情のない限り、法律上当然に、被相続人の有していた占有ないし占有権が、相続人に相続されます。
     

  5. この場合、相続人についての、「自己のためにする意思」の存在は、必要ありません。
    これは、占有取得の要件であり、占有継続の要件ではないからです。
     

  6. また、相続人の所持も問題にされません。 

占有権の相続に伴う瑕疵
  1. 相続人の承継する占有権は、被相続人の占有権そのものです。
    よって、被相続人の瑕疵も、承継されます。
     

  2. しかし、相続人は、自己固有の占有権をも有します。
     

  3. それゆえ、相続人は、被相続人の、善意・悪意の地位に縛られることはありません。
     

  4. 相続人の選択で、自己の占有のみの主張をすることができます。
     

  5. また、相続人の選択で、被相続人の占有に自己の占有を併せて、主張することも、
    可能です。 

このページのトップ
「相続財産の範囲」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市
千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら