せんげん台駅前 / 相談無料 / 土日祝日営業 / 抵当権抹消9800円・相続・相続放棄・離婚・遺言・株式会社設立28万円・内容証明・示談書・公正証書・登記名義変更

越谷の相続・遺言は司法書士行政書士の美馬/ 千間台駅1分 土日祝営業

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa

せんげん台駅1分 / ご来訪 7時~21時 (要ご予約) / 土日祝日営業
越谷・吉川・松伏・草加・春日部・岩槻・川口他

初回一般相談無料

土日祝日営業の年中無休
通常営業時間は、8:30~18:30

お気軽にお問合せください

048-970-8046

 遺言

遺言の意義
  1. 遺言は、一般には「ゆいごん」と読まれますが、法律上は「いごん」といわれる事が多いようです。
     

  2. 遺言は、死後の身分上および財産上のことについて、言い残されまたは書き残されたものです。
     

  3. 死亡とともにその者の財産関係や、身分関係に関する効果を発生させることを目的とします。 

遺言の特殊な性質
  1. 民法の定める遺言は、亡くなられた方(被相続人)の、生前の最終的な意思を尊重して、その効力を認めようとするものです。
     

  2. したがって、特殊な性質があります。
     

  3. 以下、ご説明いたします。

単独行為
  1. 遺言は、相手方のない遺言者1人でできる行為です。
     
  2. だれかが承諾したり、受領することは、必要ではありません。
要式行為
  1. 遺言は、要式行為といわれています。
     
  2. 民法の定める方式に、従わなければなりません。
     
  3. その方式に違反すれば、遺言の効力がみとめられません。
本人の意思
  1. 遺言は、遺言者本人の意思に基づいてなされなければなりません。
     
  2. 他人が、代理で作成することはできません。
     
  3. また、他人(法定代理人や保佐人)の同意も不要です。
死亡で効力
  1. 遺言は、遺言者の死亡によって効力が生じます。
     
  2. この点で、死因贈与と同じです。
     
  3. しかし、死因贈与は、遺言と異なり、相手方の承諾が必要です。
法定事項・撤回・変更
  1. 遺言書は、法律に定められた事項に限ってすることができます。
     

  2. 遺言者は、遺言書を作成しても、生前にいつでも遺言を撤回したり、変更をすることができます。  
     

  3. その他、後述のような特色がございます。

「公正証書遺言」は、こちらをご覧ください

このページのトップ
「遺言書」

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

048-970-8046

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください
通常営業時間:8:30~18:30(土日祝日営業の年中無休)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せ

ご来訪時間:7:00~21:00 ※ご予約ください

通常営業時間:8:30~18:30
(土日祝日営業の年中無休)

ご連絡先はこちら

美馬克康司法書士・
行政書士事務所

048-970-8046

090-4591-0671

048-970-8047

k-mima@m5.gyao.ne.jp

〒343-0041 埼玉県越谷市千間台西1丁目12番地1
ダイアパレスルネッサ
せんげん台506号

代表:美馬 克康

事務所紹介はこちら

新着情報

平成29年6月27日

相続の放棄 ⑧

平成29年7月8日

相続 ⑥

平成29年6月20日

相続の放棄 ⑦

平成29年7月9日

相続 ⑦